ブレゲ | Breguet

1775年に創設されたブレゲは、傑出した時計づくりの第一人者となり、ヨーロッパの文化遺産の一部を成してきました。高度な時計技術に加え、当時の最新科学にまで精通したブレゲは、1823年に76歳の生涯を閉じるまで、実に多くの発明を時計にもたらしました。自動巻き機構、ミニッツ・リピーター用ゴング・スプリング、パラシュート(衝撃吸収装置付き時計)、永久カレンダー、ブレゲひげゼンマイ、マリン・クロノメーター、スプリットセコンド・クロノグラフなど、現在の時計に用いられる機構の4分の3はブレゲが発明・発展させたと言われ、「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」「時計の歴史を2世紀早めた男」と形容されています。なかでもトゥールビヨンは、当時の懐中時計の精度を飛躍的に高めた代表的な発明です。ブレゲの時計は、世界で最も著名な数々の人々の手を飾り、ブレゲが保存する有名な台帳には、18世紀の終わりからのあらゆる時計の販売記録が残されています。現在のブレゲ・マニュファクチュールから世に送り出される時計は、ブレゲのアルティザンによって、ブランドの豊かな歴史を語る唯一無二の芸術作品に仕上げられています。

Tradition

Classique

Marine

Heritage

Queen of Naples

Type XXI